「信用取引」を使った売買スタイルについて〜逆張りか、順張りか〜

株式の信用取引は、取引額を増やすことが出来、また買いだけでなく空売りが可能になるという魅力があります。ですが、その期限は6ヶ月に設定されていることに注意が必要です。

相場は大体、数ヶ月単位の波を描きながら変動しています。その中で「6ヶ月」という期限は、長いようでいて実は短いのです。
ですから、上がりすぎていると思った株を空売る、或いは下がりすぎていると思った株を買う、というように、相場のトレンドに逆らう(これを「逆張り」といいます)売買を行うには、信用取引は不向きになります。

相場を見ていると、偶にものすごい急騰や急落を演じる銘柄があって、個人投資家はそれに逆張りで臨んで、信用取引の売買額が膨れ上がることがあります。そういうときは、理論的には無茶な株価であることが多いので後々は通常の株価に戻ることが殆どなのですが、それが6ヶ月以内である保証はないわけです。その急騰や急落を仕掛けた筋がいたとすれば、むしろ6ヶ月その水準を保たせれば個人はギブアップし、自分達が利益を得られるわけですから…。
そうなると、この株価水準はおかしい、という相場観が結果的に正しくても、利益は上げられないということになりますから、逆張りの投資手法そのものが信用取引では使えないということになってしまいます。つまりこの逆張りの手法というのは、基本的には長期的な保有を考える投資家用の手法になるわけです。
従って、信用取引を利用する多くの投資家は必然的に、短期の売買で、既に発生しているトレンドに乗っかるというスタイル(「順張り」といいます)をとることになります。

実際、現在の株式相場では順張りの方が利益を上げやすくなっていると思います。信用を元手に投資額を増やす投資スタイルというのは何も個人だけでなく、ヘッジファンドや機関投資家もこぞって用いているからです。市場にそうした順張り系の投資家が増えれば増えるほど、値動きは一方に傾きやすくなり、より順張り投資向きの環境になっていく、というわけです。

調布 美容室

iPad 会議

御徒町 タイマッサージ、新橋 タイマッサージ

人気の子供美容室が満載☆

個人再生 大阪